【2024年】IGT互換テーブル10選 こちら

HOME&CAMP バーナー レビュー|ギミックに魅了されるスノーピークのガスコンロ!

本ページはプロモーションが含まれています
スノーピーク ガスコンロ HOME&CAMP バーナー TOP

キャンプで調理をする際、どんなバーナーを使ってますか?

筆者は、SOTOのシングルバーナー「レギュレーターストーブ」や、スノーピークのフラットバーナーを使っています。

でも「キャンプ専用に、バーナーやコンロを買うのはちょっと…」という方には、スノーピークのガスコンロ「HOME&CAMP バーナー」がおすすめ!

なぜなら、家でもキャンプでも使える仕様になっているから。

屋内でも使えるため「普段は自宅で使用してキャンプに行く際はコンパクトに収納して持ち運び…」なんてことができます。

それでは、今回は「HOME&CAMP バーナー」の特徴や、知っておいて欲しいことを紹介します。

タップできるもくじ
PR
PR

スノーピーク ガスコンロ HOME&CAMP バーナーの特徴

スノーピークのガスコンロ「HOME&CAMP バーナー」の主な特徴をピックアップして紹介します。

  • 魅力のギミック構造
  • コンパクトに収納できる
  • フォルムが美しくスタイリッシュ
  • キャンプだけでなく自宅でもで使える

魅力のギミック構造

HOME&CAMPバーナー展開1
HOME&CAMPバーナー展開2

HOME&CAMP バーナー最大の特徴は、このギミック構造。

まず筒状のフタを開きます。

HOME&CAMPバーナー展開3
HOME&CAMPバーナー展開4

脚を出し、270°回転させます。

HOME&CAMPバーナー展開5
HOME&CAMPバーナーガス

脚を開き、ガス缶を装着します。

HOME&CAMPバーナー展開6

フタを閉めれば完成です。

あの筒状のものが、こんなふうに展開されるとは思いませんよね。

なんと言えばいいのか難しいですが、このギミックにはどこかロマンを感じました。

予想を反するこのギミックが、キャンパーを魅了させるのでしょう。

コンパクトに収納できる

HOME&CAMPバーナー

収納時は90×120×255mmと、「えっ!?本当にガスコンロ?」と思ってしまうくらい、使用しない際はコンパクトに収納ができます。

ガスコンロが、ここまで折りたためてコンパクトになるとは思いませんよね。

フォルムが美しくスタイリッシュ

HOME&CAMPバーナー展開1
HOME&CAMPバーナーと焚き火フライパン

見た目が本当にスタイリッシュで、綺麗ですね!

収納して左図のように棚の上に置いていると、ガスコンロとは思えないくらいカッコいいです!

HOME&CAMPバーナーと焚き火フライパン2

展開した際も、五徳が収納されていたところにガス缶を入れるため、見た目もスッキリとします。

キャンプだけでなく自宅でもで使える

あと意外にキャンプ用火器類のほとんどの取扱説明書に、「屋外専用」とかかれています。

書かれてあっても、自宅など屋内で使用できるかもしれませんが、メーカー側は屋内での使用を想定して作っていないため、自己責任での取り扱いとなります。

しかし「HOME&CAMP バーナー」は、家でもキャンプでも使用ができることをうたい文句にしているため、安心して使用ができます。

そのため、普段家庭での食事の際に使用して、休日はキャンプへ持っていくということができます。

ただし、使用上の注意事項を読んだ上で使用して下さい。

HOME&CAMP バーナー メリット・デメリット

HOME&CAMP バーナー
総合評価
( 4 )
メリット
  • ギミック構造
  • コンパクトに収納できる
  • スタイリッシュ
  • 火力がそこそこある
  • 自宅とキャンプで使える
デメリット
  • 少し重い

デメリット(残念なところ)

コンロとして考えると、残念なところはほぼないと思いますが、シングルバーナーとして考えると意外と重いです。

重量が1.4kgとあるため、わかっていたつもりですが実際に運んだり、展開したりする際に持つとなかなか重いです。

「ツーバーナー」や「カセットコンロ」などと比べると軽いですが、ソロキャンプで使用するシングルバーナーなどと比べると格段に重いです。

「バックパックに入れて持ち運ぶ…」というのは厳しいですが、車でキャンプに行かれる方にはそこまで気にならないと思います。

メリット(いいところ)

HOME&CAMPバーナー ギミック1
HOME&CAMPバーナー ギミック2

何よりも、この美しいギミック構造が最高だと感じました。

展開したあとも、コンロとは思えないカッコよさ。

それでいて出力が2.4kwあるため、家庭用ガスコンロの標準バーナーより少し低い程度のため、様々な調理が楽しめます。

普段使用しないときは、コンパクトに収納ができ見た目もスタイリッシュなため、飾っていても違和感のない作り。

またキャンプだけでなく、自宅でも使えるところが「HOME&CAMP バーナー」のいいところだと思いました。

使用する上で知っておいてほしいこと

次に、「HOME&CAMP バーナー」を実際に使用してみて感じた、使用する上で知っておいてほしいことや、注意事項を紹介します。

ゴトクが大きい

HOME&CAMP バーナーとメスティン

それは、五徳が大きいというところ。

ファミリーキャンプなどで使用する鍋やフライパンなど、大きめの調理器具であれば、特に問題にはなりませんが、個人的によく使うメスティンがちょっとやばかった。

仕様には「使用できる鍋の大きさ:最小φ14cm~最大φ30cm」とあるため、ある程度はわかっていたつもりですが、実際にメスティンを乗せてみたところ、乗っているというよりも引っかかっている程度なので、少し傾くだけで確実に落ちるため注意が必要です。

なぜなら、メスティンのサイズは17×9.5×6.2cmと、最小φ14cmよりも細いから…

それゆえ、ソロキャンプでメスティンなど経の小さいクッカーなどを使用される際は、ご注意下さい。

展開・収納時に気をつける

HOME&CAMPバーナー 注意事項1
HOME&CAMPバーナー 注意事項2

展開・収納時に気をつけないといけないのが、本体裏側にある「ロックピン」。

展開時に押しながら脚を広げないと、広がりません。

また収納時に押しながら脚を収納しないと、収納ができません。

無理をして、展開・収納すると破損の原因となるため、注意が必要です。

HOME&CAMPバーナー カラー・仕様・価格

続いて、HOME&CAMP バーナーのカラーや仕様、価格を紹介。

カラー

HOME&CAMPバーナー GS-600 ブラック
出典: snow peak
HOME&CAMPバーナー GS-600 カーキ
出典: snow peak
HOME&CAMPバーナー GS-600 シルバー
出典: snow peak

カラーは以下の3種類

  • ブラック
  • カーキ
  • シルバー

また2023年には、Amazon限定カラーも登場しました。

  • ホワイト

仕様

使用時サイズ301×346×120mm
収納時サイズ90×120×255mm
重量1.4kg
使用ガスブタンガス
出力(ガス消費量)2.4kw(2100kcal/h 178g/h)〈気温20〜25℃〉
連続燃焼時間約110分
専用容器(ボンベ)GPC-250CB
使用できる鍋の大きさ最小Φ14cm~最大Φ30cm / ダッチオーブン使用不可

価格

  • ブラック・カーキ・シルバー:¥13,750(税込)
  • ホワイト:¥13,915(税込)

2024年1月3日現在

HOME&CAMP バーナー あとがき

本当に、このギミックはキャンパー心をくすぐりますよね!

実際に使用してみた結果、個人的にはソロキャンプでは使用せずに、ファミリーキャンプや自宅での食事の際に使おうと思いました。

あと火力も申し分ないため、ファミリーキャンプやグループキャンプなどで、調理する方におすすめです。

キャンプ専用バーナーでなく、家でもキャンプでも使用できるバーナーやコンロをお探しの方は候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

ソロキャンプメインの方やクッカーが小さい場合は、コンパクトなシングルバーナーをおすすめします。

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ