【2024年】IGT互換テーブル10選 こちら

【焚き火ベース450】ユニフレームより焚き火で直火料理が楽しめる焚き火台登場!

本ページはプロモーションが含まれています
焚き火ベース450

焚き火台で直火料理をされたい方へ!

ファイアグリル、薪グリルが大人気のユニフレームから、直火料理を楽しむことができる焚き火台、その名も「焚き火ベース450」が登場です。

これは、ユニフレームからの3つ目の焚き火調理の提案!

どのようなものか詳しくご紹介します。

タップできるもくじ
PR
PR

焚き火ベース450

焚き火ベース450-2

Quotation: naturum

もう見るからに、ダッチオーブンやケトルを吊るして、「直火で調理しよう!」というのが伝わってきますね!

BornSolidのFRONTIER COOKERに、焚き火台がくっついた感じの形状をしています。

日本のキャンプ場などの事情(地面直火禁止など)を配慮して、このような形状になったのではないかと思います。

特徴

焚き火ベース450-4

Quotation: naturum

私が気になった特徴は以下の通りです

特徴
  • 通常の焚き火ができる。(当たり前ですが^^;)
  • 付属のSカンチェーン×2本で、ダッチオーブンやケトルを吊るすことができる。
  • タフグリルシリーズの鉄板やステンレスワイヤー網、UFおでん鍋などのタフグリルシリーズのオプションが使用可能。(別売)
  • 焚き火テーブルトート(別売)に収納して、持ち運びが可能。

さすがユニフレームですね!

別売ですが、タフグリルシーズのUFタフグリル鉄板300UFタフグリル鉄板150UFタフグリルリッドUFおでん鍋おでん鍋SUSリッドステンレスワイヤー網150×400、ステンレスワイヤー網300×400が使用可能になっています。

また、別売の焚き火テーブルトートに収納して、持ち運ぶことも可能!

UFタフグリルシリーズのオプションをお持ちの方は、そのまま流用できるので便利です。

仕様

焚き火ベース450-3

Quotation: naturum

使用時サイズ(約) 500×810×790(高さ)mm
収納サイズ(約) 500×560×75(厚さ)mm
重量(約) 5.3kg(炉・フレーム)
分散耐荷重(約) 15kg
材質 本体・フレーム:ステンレス鋼
付属品 Sカンチェーン×2本
スチール網150×400(1枚)
スチール網300×400(1枚)
収納ケースは別売になります。また、2018年カタログ掲載(P.36)のプロトタイプから仕様変更ありとのこと(サイズ、収納方法、ゴトク、フレーム構造の変更)です。

価格

¥19,900(税込)

2020年2月7日現在

あとがき

サイズが、500×560×75(厚さ)mmと少し大きめですが、厚さが75mmと思ったよりも薄めなので、別売の焚き火テーブルトートに収納して、車の後部座席後ろの隙間などに置くことも可能かと思います。(車種によってできない場合もあります。)

ファイアグリル、薪グリルと焚き火の大人気ギアを排出しているブランドだけに、この「焚き火ベース450」も人気が出そうな予感がします!

おすすめの関連記事

あわせて読みたい
【2024年】軽量焚き火台7選|本体重量1kg以下でソロキャンプにおすすめ ソロキャンプに適した軽量な焚き火台が続々と登場しています。今回はその中でも、本体重量が1kg以下の軽量焚き火台を7つ紹介します。
あわせて読みたい
【フラットパックグリルS】UCO (ユーコ) の焚き火台がコンパクトで超便利! 組み立てが2ステップと超簡単で、収納時にコンパクトで軽量なUCO(ユーコ)の焚き火台「フラットパックグリルS(ミニフラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット)」をご紹介します。
あわせて読みたい
ベルモント TABI レビュー|コンパクトで軽量なチタンの焚き火台 コンパクトで軽量な焚き火台、ベルモント「TABI」を組立方法やディテールなどを交えて詳しくレビューしていきます。
あわせて読みたい
ピコグリル398 レビュー|ソロキャンプならこの焚き火台がおすすめ! ソロキャンプにおすすめの焚き火台「ピコグリル398」のいいところや注意したいところなど、全て紹介します。
あわせて読みたい
ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」が人気な理由5つ ユニフレーム定番の焚き火台「ファイアグリル」が人気の理由5つを紹介します。
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ