Amazonプライムデー先行セール開催中! こちら

ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」が人気な理由5つ

本ページはプロモーションが含まれています
ファイアグリル

キャンプならではの醍醐味の一つ「焚き火

直火が禁止のキャンプ場が多い中、焚き火をする際、どんな焚き火台を使っていますか?

様々なキャンプブランドが、数多くの焚き火台を生産している中、ユニフレームの定番の焚き火台「ファイアグリル」は、不動の人気を誇っています。

でも、ファイアグリルがなぜこんなに人気なのでしょうか?

今回は、その人気の理由を解説していきます。

PR
タップできるもくじ
PR
PR

ユニフレームの焚き火台 ファイアグリルが人気な理由5つ

ファイアグリルとは?

アウトドアブランド「ユニフレーム」が販売する、比較的リースナブルな焚き火・BBQが楽しめる定番のギア。

「ファイアグリル」は、必ずと言ってもいいほど、キャンプ場で被るギアの1つ。

これだけの人気を誇るには、様々な理由があります。

そこで筆者が実際に使用して感じた、ファイアグリルの人気な理由は以下の5つ!

ファイアグリルが人気な理由
  • 様々な用途に対応
  • オプションが豊富
  • 扱いやすいサイズ
  • かなり頑丈
  • コスパが高い

順に見ていきます。

様々な用途に対応

firegrill2

まずは、ファイアグリルの箱にあるように、様々な用途に対応しているところ

鉄板焼きなどは、別途鉄板が必要になります

大きく分けると、以下の用途に使えます。

  • 焚き火
  • BBQ・炭火焼き
  • ホイル焼き
  • 軽めの鍋料理
  • ダッチオーブン

それぞれを細かく見ていきます。

焚き火

一番代表的な使用方法は「焚き火」。

焚き火を囲んでの語らいは、時が経つのを忘れさせるキャンプならではの醍醐味です。

火床が地表からも離れているため、地面にダメージを与えずに焚き火を楽しむことができます。

BBQや炭火焼き

付属の焼き網を使用してBBQや炭火焼きをするのも、代表的な使い方の一つです。

firegrill6

上記写真の焼き網の白丸部分(四隅)は、中心部に比べ火力が弱くなるため、保温スペースとして肉や野菜などを逃がすことができます。

これは意外と便利な機能です。

画像の囲炉裏テーブルは、DIYで作りました。

firegrill9
yakiami

また炭火で焼くスペアリブは格別!

ただ、タレを塗って焼くと焦げ付いてしまいがち…

そんな時は、ファイアグリル専用網は取り寄せができるため、焦げすぎた場合には交換しましょう。

またナチュラムから、「ナチュラムオリジナル ファイアグリル ステンレスワイヤー網」が販売されています。

グリルステンレスワイヤー網2

筆者も所有していますが、この網は手入れがしやすいのでかなりおすすめ

ホイル焼きでアクアパッツア

firegrill8

付属の焼き網とアルミホイルで、こんな調理もできます。

アクアパッツアのような炭のホイル焼きも、簡単に作ることができますので、ぜひ試してみて下さい。

軽めの鍋料理

firegrill7

付属の焼き網の強度はそこそこ強く、カレーくらいの重さなら網の上にのせて調理しても大丈夫でした。

上画像はユニフレームのfan5 duoのステンレス大鍋ですが、特に焼き網が曲がったりはしませんでした。

重さによっては曲がる可能性があります。その際は、別途ヘビーロストルをご使用下さい。

ダッチオーブン

足付きのダッチオーブンなら、付属の網を外して炭の上に直接乗せることも可能。

また、別売りのファイアグリルヘビーロストルの上に、足無しのダッチオーブンを載せて調理することもできます。

オプションが豊富

IMG_9936

次に、オプションが豊富なのも理由の一つ。

発売されてから、かなりの年数が経っていますが、最近でもオプションが発売されています。

「全て揃えたら結構な額になるじゃないか!」と言われそうですが、必要に応じて購入すればいいため、焚き火とBBQだけを楽しむなら買い足す必要はありません。

「でも鉄板焼きを楽しみたいな」「ダッチオーブンを吊るして使いたいな」などの方へ、様々なオプションをご紹介します。

ヘビーロストル

これを使用することによって、足なしのダッチオーブンを載せて調理することができるようになります。

足なしのダッチオーブンを持っている方にオススメです。

エンボス鉄板

鉄板焼きをするならエンボス鉄板があったほうが便利です。

凹凸のあるエンボス加工により食材がこびりつきにくいので、表面の傷つきを気にせずガンガン使いたい場合や、たくさんの炒め物などに適しています。

これを使ってキャンプで焼きそばも美味しそうですね!

FGハンガー

トング等を無くさないようにするにはFGハンガーがあれば便利

置き場に困っていたトングやリフターを引っ掛けることができます。

FGポットハンガーとは異なりますため、注意して下さい。

FGポットハンガー

ファイアグリルの脚を利用したポットハンガーで、ダッチオーブンを吊るして焚き火調理をすることができます。個人的にかなり欲しいです。

本体、ダッチオーブン、掛かっているトング類は別売です。

扱いやすいサイズ

firegrill3

続いて、扱いやすいサイズというところ。

サイズは、収納時:約380×380×70mm で、足は上画像のように収納できるため、意外とコンパクトに収納できています。

使用時:約430×430×330(網高)mm と大き過ぎず、小さ過ぎずでちょうどいい大きさだと感じました。

また高さもいい感じ。

かなり頑丈

firegrill5

続いてはかなり頑丈というところ。

知り合いのキャンパーさんにお聞きしたところ、その方は一つのファイアグリルを約15年使い続けていたとのこと。

どうしてもロストル(丸穴が複数あいているステンレス板)等は、熱により変形したりしますが使用上は問題ありません。

筆者は、使用時に毎回表裏を返して、均等に使用するよう心掛けています。

また焼き網も、使用頻度や使い方によって焦げがつきます。

軽めの焦げはとって使用できますが、よほどひどい場合は、焼き網自体を購入した方がいいです。

本体自体はかなり頑丈なで、何年も使い続けれるところも、人気の理由の一つです。

コスパが高い

¥7,700(税込)

2023年10月20日現在

価格も人気の理由の一つ。

筆者が購入した頃に比べると、値上がりしていますが、他ブランドの焚き火台の価格を確認すると、コスパが高いことがわかります。

特に人気を二分するスノーピークの「焚火台」とは、価格の差が歴然としています。

あとがき

以上が実際にユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」を使用してわかった、人気な理由5つでした。

これだけ様々な用途に使え、頑丈で使いやすくコスパが高いとなると、人気が出ない訳がありません。

非常に頑丈で長持ちするギアの一つですので、焚き火台の購入を考えられている方は、候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

焚き火台に関する記事

グリルに関する記事

PR
PR
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ