【2024年】IGT互換テーブル10選 こちら

グロッケ16T/C|ogawa人気のグロッケシリーズに9人向けのビッグサイズが登場

本ページはプロモーションが含まれています
グロッケ16 T/C TOP
出典: CAMPAL JAPAN

ogawaの人気テント「グロッケシリーズ」に、9人向けのビッグサイズ「グロッケ16T/C」が登場です。

ここまでビッグサイズの、T/Cテントはあまりないのでは?

ビッグサイズのテントをお探しの方は必見です!

それでは、グロッケ8T/Cやグロッケ12T/Cとの比較も交えながら、グロッケ16T/Cを紹介します。

タップできるもくじ
PR
PR

グロッケ16T/C ディテール

グロッケ16 T/C 正面
正面 出典: CAMPAL JAPAN
グロッケ16 T/C サイド
サイド 出典: CAMPAL JAPAN

グロッケ16T/Cのディテールから見ていきます。

正面から見ると、通常のワンポールテントとは異なり、サイドに立ち上がりのあるベルテントということがわかります。

カラーは一色で統一されており、以前のグロッケ12T/Cのようにアクセントがなく、やや物足りないような気もしますが、これはこれで落ち着いていい感じです。

サイドから見ると、正面入口上部がひさしになっており、雨などの侵入を軽減してくれる働きがあります。

サイド立ち上がり部には大型窓が装備されており、メッシュや開く事もできるため、換気だけでなく風の通り道としても使え、夏の暑い時期だと開放することで気持ちよく過ごせそうです。

グロッケ16T/C 特徴

グロッケ16T/Cの気になる特徴は、以下の通り。

  • T/C素材を採用
  • サイド立ち上がり部分に窓装備
  • 設営が簡単
  • 圧迫感が少ない
  • フロアなしでも使用できる

それぞれを見ていきます。

T/C素材を採用

グロッケ16 T/C-6
ダブルファスナー 出典: CAMPAL JAPAN

テント全体にTC生地を採用しています。

今では当たり前のようにTC素材のテントが増えましたが、グロッケシリーズのグロッケ12T/Cは2018年に発売されているため、ogawaのTCシリーズのはしりになるのではないかと思います。

TC生地は耐久性が高くて風合いがよく、遮光性が高く、火の粉が舞っても穴があきにくい素材で、夏は涼しく冬は暖かくテント内で過ごせるのが特徴ですが、保管の際は十分に乾燥させて保管しないと、カビや悪臭の原因なるため取り扱いには注意が必要です。

筆者もTC素材のテントを複数所有していますが、普通に乾かせば特にそこまで気を使わなくて問題ありません。

何よりも、ポリエステルにはない風合いが本当にいいです。

サイド立ち上がり部分に窓装備

グロッケ16 T/C-5
出典: CAMPAL JAPAN

サイド立ち上がり部分に大型窓を装備。

フルクローズはもちろんのこと、メッシュやフルオープンすることもでき、テント内を換気するためのベンチレーターとしてだけではなく、窓としても使用できます。

夏場はメッシュ、フルオープンのすることで、風の通り道ができるため涼しく過ごせそうです。

設営が簡単

グロッケ16 T/C-3
出典: CAMPAL JAPAN

基本構造はワンポールテントと同じで、5箇所をペグダウンしてメインのポールをテントの中央から立ち上げるだけで自立します。

次にに入口付近をより使いやすくさせるために、「Aフレーム」を立てる。

張り綱をペグダウンすればフロアなしですが設営が完成です。

こんなに大型のテントなのに、設営がかんたんです。

圧迫感が少ない

グロッケ16 T/C グランドシートあり
出典: CAMPAL JAPAN

テント内の圧迫感が少ないのも特徴です。

従来のワンポールテントであればサイドに立ち上がりがないため、裾に向かって段々と高さが低くなっていき圧迫感があります。

しかし、ベルテントであるグロッケ16T/Cは、サイドに立ち上がりがあるため、テント内が広々と使えて圧迫感が少ないです。

フロアなしでも使用できる

グロッケ16 T/C グランドシートなし
出典: CAMPAL JAPAN

グロッケ16T/Cは、グランドシートを外してもしようできるため、フロアなしのシェルターとしても使用ができます。

シチュエーションに応じて、フロアあり・なしが楽しめます。

グロッケ16T/C サイズなど仕様と価格

次にグロッケ16T/Cのサイズなどの仕様と価格を紹介します。

グロッケ16T/C サイズなど仕様

グロッケ16 T/C サイズ
出典: CAMPAL JAPAN
サイズ305×495×310cm (最大値)
収納サイズ90x38x38cm
重量総重量:約19.6kg
フライ:約13.2kg
グランドシート:約2.2kg
ポール:約4.2kg
付属品:約2.9kg
材質フライ:T/C(耐水圧350mm)
グランドシート;:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
メインポール:スチール(φ32mm)
フロントポール:6061アルミ合金(φ22mm)
セット内容張り綱1.5mx9本、3mx1本、スチールピン25cmx15本、
20cmx5本、アイアンハンマー1丁、収納袋

グロッケ16T/C 価格

¥151,800(税込)

2023年1月30日現在

初回入荷分予約

ogawaのオンラインストイアでは、初回入荷分の予約が開始されています。

期間:2023年2月28日まで

先着順で、期間内でも上限数に達し次第予約受付は終了となります。

グロッケ8T/C・グロッケ12T/Cと比較

続いて、サイズの異なるグロッケ8T/Cとグロッケ12T/Cを比較してみました。

グロッケ16 T/C-1
グロッケ16T/C 出典: CAMPAL JAPAN
グロッケ8 T/C
グロッケ8T/C 出典: CAMPAL JAPAN
グロッケ12 TC
グロッケ12T/C 出典: CAMPAL JAPAN
グロッケ16T/Cグロッケ8T/Cグロッケ12T/C
サイズ(約)305×495×310cm (最大値)215×335×225cm(最大値)265×405×270cm(最大値)
収納サイズ(約)90x38x38cm82×30×28cm80x35x33cm
収容人数9名4名5〜6名
重量(約)総重量:19.6kg
フライ:13.2kg
グランドシート:2.2kg
ポール:4.2kg
付属品:2.9kg
総重量:11.4kg (付属品除く)
フライ:8.1kg
グランドシート:1.2kg
ポール:2.1kg
付属品:2.9kg
総重量:14.7kg(付属品除く)
フライ:9.3kg
グランドシート:1.8kg
ポール:3.6kg
材質フライ:T/C(耐水圧350mm)
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
メインポール:スチール(φ32mm)
フロントポール:6061アルミ合金(φ22mm)
フライ:T/C(耐水圧350mm)、
ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
ポール:6061アルミ合金(φ32mm、φ19mm)
フライ:T/C(耐水圧350mm)、
ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
グランドシート:ポリエステル210d(耐水圧1,800mm)
メインポール:スチールφ32mm、
フロントポール(Aフレーム):アルミφ22mm
付属品張り綱1.5mx9本、3mx1本、
スチールピン25cmx15本・20cmx5本、
アイアンハンマー1丁、収納袋
張り綱1.5m×9本・3m×1本、
スチールピン25cm×15本・20cm×5本、
アイアンハンマー1丁、収納袋
張り綱1.5m×9本・3m×1本、
スチールピン25cm×15本・20cm×5本、
アイアンハンマー1丁、収納袋
カラーサンドベージュサンドベージュオフホワイト×ダークブラウン

収納人数は、ogawaのページに記載のある人数のため、ゆったりとテント内で過ごしたい場合は、1〜2名程度引いた人数がベストだと思います。

グロッケ16T/Cとグロッケ8T/Cはカラーは全く同じですが、グロッケ16T/Cの方が約2倍の収容人数9名と、かなり大きいテントだということがわかります。

グロッケ12T/Cは、カラーがグロッケ16T/C・8T/Cと異なり、オフホワイト×ダークブラウンというカラーリング。

グロッケ12T/Cは2018年に発売され、4年以上経った今も人気のあるテントで、その影響でサイズ違いのグロッケ8T/Cとグロッケ16T/Cが販売されたのではないかと思います。

どのサイズも基本はメインポール1本で自立させる設営方法となるため、設営がかんたんなテントで、ビギナーの方にもおすすめできるテントです。

グロッケ16T/C あとがき

9人向けのビッグサイズ「グロッケ16T/C」。

これだけ大きなサイズですが、設営は簡単なのでビギナーのファミリーキャンプやグループキャンプを楽しみたい方は、ぜひ候補の一つに入れられてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

テント・タープへはこちらから

気になるキャンプギアが見つかるはず

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ