【2024年】IGT互換テーブル10選 こちら

スカイパイロット Synthetic|サバティカルのフラッグシップモデルにポリエステル版登場

本ページはプロモーションが含まれています
スカイパイロット シンセティック TOP
出典: SABBATICAL

サバティカルから2023年に発売されるシェルター「スカイパイロット シンセティック」の詳細が発表されました。

SABBATICAL(サバティカル)のフラッグシップモデル「スカイパイロットTC (SKYPILOT TC)」のポリエステルモデル。

スカイパイロットTCと、どのようなところが異なるのか、比較も交えながら紹介します。

タップできるもくじ
PR
PR

スカイパイロット シンセティック / SKYPILOT Synthetic

スカイパイロット シンセティック
出典: SABBATICAL

今までにない形状のシェルターとして、2019年に登場した「スカイパイロットTC」。

初めて見た時の衝撃は、今でも忘れられません。

その衝撃を、今回の「スカイパイロット シンセティック」で、思い出しました。

形状は変わらず、素材を変更したスカイパイロット シンセティック。

それでは、スカイパイロット シンセティックのディテールから見ていきたいと思います。

ディテール

スカイパイロット シンセティック ディテール
出典: SABBATICAL
スカイパイロット シンセティック ディテール2
出典: SABBATICAL

センターポール1本とサブポール4本とで設営する、特殊な形状のシェルターで、6〜8人に適した大型シェルター。

さまざまなパネルがメッシュになったり、開けたりとさまざまなバリエーションのアレンジ張りが楽しめるのも特徴です。

高さがあるため、長身の方でも快適に過ごすことが出来ます。

特徴

スカイパイロット シンセティックの特徴は、以下の通りです。

  • 省スペースながらも快適な空間
  • 特徴あるピラミッドライン
  • 設営が簡単になるビルディングテープ装備
  • ハンガーテープが付属
  • 本体裾にスカートを装備
  • スマートなベンチレーション
  • 追従するメッシュパネル
  • 大人数に対応
  • ルピネLとスマートに連結
  • 軽量で高強度のアルミポールを採用
  • 防水仕様

それぞれを見ていきます。

省スペースながらも快適な空間

スカイパイロット シンセティック 省スペース設計
出典: SABBATICAL

1本のメインポールと4本のサブポールにより、省スペース設計でながらも大人数を収容できる快適な空間を確保し、限りなくデッドスペースを無くしています。

特徴あるピラミッドライン

スカイパイロット シンセティック ピラミッドライン
出典: SABBATICAL

センターポールの頂点からボトムにかけて、特徴あるピラミッドラインをつくる事で、設営の容易さと、耐風性をキープ。

設営が簡単になるビルディングテープ装備

スカイパイロット シンセティック ビルディングテープ
出典: SABBATICAL

ビルディングテープがあるおかげで、4コーナーをペグダウンしてセンターポールを入れると簡単に自立する構造。

変形八角形ですが、簡単に悩まずに設営ができます。

ハンガーテープが付属

スカイパイロット シンセティック ハンガーテープ
出典: SABBATICAL

ランタンを吊るすのに便利な、ハンガーテープが付属しています。

ランタンを吊るす際は、テント内のためLEDなどのランタンをおすすめします。

本体裾にスカートを装備

スカイパイロット シンセティック スカート
出典: SABBATICAL

本体裾には、寒い時期の冷気を軽減してくれるスカートを装備。

またパネルを跳ね上げた際も美しいシルエットが創り出せるように、そのスカートは巻き上げられるよう設計されています。

スマートなベンチレーション

スカイパイロット シンセティック ベンチレーション
出典: SABBATICAL

上部のベンチレーションには、ジッパーに長めのバーが取り付けてられており、開け閉めがしやすく、開いた際のベンチレーションパネルは、コードを引くだけで蛇腹にまとまるスマートな仕組みをとなっています。

追従するメッシュパネル

スカイパイロット シンセティック メッシュパネル
出典: SABBATICAL

ドアパネルはメッシュパネルとの二重構造になっており、2枚のパネルはコーナーをベルクロで固定でき、追従できるようになっているため、開閉時の煩わしさがありません。

大人数に対応

スカイパイロット シンセティック 大人数に対応
出典: SABBATICAL

6〜8人くらいに適した大型シェルターで、別途インナーテントを入れてカンガルースタイルを楽しんだり、複数のコットを利用したりなど居住空間も広く、余裕のあるキャパシティです。

ルピネLとスマートに連結

スカイパイロット シンセティック ルピネLと連結
ルピネLは別売 出典: SABBATICAL

サブポールをルピネLに付属するポール (2節(60cmと30cm)を抜いた状態)に交換することで、ルピネL(別売)との連結が可能。

スカイパイロット シンセティック付属のポールで連結すると、ポールの強度が足りずにポールが破損する恐れがあるため、絶対に行わないでください。

軽量で高強度のアルミポールを採用

スカイパイロット シンセティック アルミポール採用
出典: SABBATICAL

スカイパイロットTCではスチール製だったポールを、シンセティックではA6061 アルミニウム合金のポールに変更。軽量で腐食にも強く、高強度を実現しています。

防水仕様

スカイパイロット シンセティック 防水仕様
出典: SABBATICAL

本体生地にはポリエステル素材を使用しており、表面はフッ素加工、裏面にはポリウレタン(PU)加工を施し、縫い目にはシームテープが施しているため、防水仕様になります。

張り方のバリエーション

スカイパイロット シンセティック 張り方バリエーション1
出典: SABBATICAL

スカイパイロットは、張り方のバリエーションが豊富です。

全てのパネルとメッシュをクローズすることはもちろんのこと、天候やスタイルによってさまざまなアレンジ張りが楽しめます。

スカイパイロット シンセティック 張り方バリエーション2
出典: SABBATICAL
スカイパイロット シンセティック 張り方バリエーション3
出典: SABBATICAL

前面や背面、サイドなどをメッシュにしたり、巻き上げてオープンにしたりもできます。

夏の暑い時期などに、有効的です。

スカイパイロット シンセティック 張り方バリエーション4
出典: SABBATICAL
スカイパイロット シンセティック 張り方バリエーション5
出典: SABBATICAL

また別途のポールを用いて、跳ね上げてキャノピーをすることもできます。

キャノピーをすることで、有効な影の面積も増えるため、暑い時期など快適に過ごせそうです。

仕様

スカイパイロット シンセティック サイズ
出典: SABBATICAL
サイズW720×D380×H270cm
収納サイズL80×W35×H29cm
重量総重量13.9kg(ポール3.3㎏、ペグ360g)
材質ウォール:150Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工
センターポール:A6061・Φ32mm・全長270cm
サブポール:A6061・Φ22mm・全長180cm
ハンガーテープ・ロープ:ポリプロピレン
ペグ:ジュラルミン・21cm
キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース:210Dポリエステルオックス
セット内容本体×1、センターポール、サブポール、ハンガーテープ、ペグ、3mロープ、
2mロープ、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース

インナーテントは別売。

価格

¥106,700(税込)

2023年3月23日現在

2023年 入荷分販売方法 詳細

2023年 サバティカル 抽選販売の詳細は、こちらから確認できますので、あわせてご覧ください。

SABBATICAL (サバティカル)のテントやシェルターに魅了される!値上げ・抽選販売情報

スカイパイロット TCと比較

スカイパイロット シンセティック ディテール
出典: SABBATICAL
スカイパイロット1
出典: SABBATICAL

形状は全く同じですが、見た目のカラーが少し異なります。

スカイパイロットTCは表記上「ライトベージュ」となっており、モーニンググローリー シンセティックは「サンドストーン」となっています。

「サンドストーン」は、アルニカギリアと同じカラーのため、結構好みの方も多いのでは。

スカイパイロット シンセティックスカイパイロットTC
サイズW720×D380×H270cmW720×D380×H270cm
収納サイズL80×W35×H29cmL82×W39×H29cm
重量総重量13.9kg(ポール3.3㎏、ペグ360g)総重量22.4kg(ポール5.6㎏、ペグ2.1㎏)
材質ウォール:150Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工
センターポール:A6061・Φ32mm・全長270cm
サブポール:A6061・Φ22mm・全長180cm
ウォール:TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)・撥水加工、マッドスカート/トップキャップ:210Dポリエステルオックス
センターポール:スチール・Φ32mm・全長270cm
サブポール:スチール・Φ22mm・全長180cm

この記事では、違いがわかりやすいようサイズや重量のみを比較しています。

設営時のサイズは、TCとシンセティックと同じサイズですが、収納時サイズはポリエステルのシンセティックの方が、コンパクトになっています。これは、生地がポリエステルになり、厚さが薄くなったためと思われます。

また生地がポリエステルになったのとポールがアルミになったため、ペグがジュラルミンになったため、重量の軽量化が進んだのではないかと思われます。

生地や仕様の変更以外の特徴は、見たところ変更がないため、生地とカラーの好みに分かれるとと思います。

価格がスカイパイロットTCよりも高くなった理由としては、ポールがスチールからアルミ、ペグがスチールからジュラルミンになったことも原因の一つかと思われます。

スカイパイロット シンセティック あとがき

スカイパイロット シンセティックは、スカイパイロットTC同様に、大人気になること間違いなしです!

まだ販売情報はありませんが、抽選販売になることでしょう。

販売から約3年ほど経った現在も、SABBATICAL(サバティカル)のテントやシェルターは抽選販売になるくらいの人気があるため、是非当ブログで抽選販売情報をチェックをしてください。

あわせて読みたい関連記事

その他サバティカルのギアへはこちらから

気になるキャンプギアが見つかるはず

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ