【2024年】IGT互換テーブル10選 こちら

SABBATICAL (サバティカル)のテントやシェルターに魅了される!2023年 値上げ・抽選販売情報

本ページはプロモーションが含まれています
SABBATICAL サバティカル
出典: SABBATICAL

数多くのキャンプ・アウトドアギアを取り扱う「A&F」が、万全を期して立ち上げたブランド「SABBATICAL (サバティカル)」

その「SABBATICAL (サバティカル)」より発売されているのは、インナーテントやアクセサリーを除くと以下の通りです。

  • スカイパイロットTC:2019年発売
  • モーニンググローリーTC:2019年発売
  • マリポサ M TC:2019年発売
  • マリポサ L TC:2019年発売
  • アルニカ:2020年発売
  • ギリア:2020年発売
  • ルピネ M:2020年発売
  • ルピネ L:2020年発売
  • シュラフ AURORA DX (オーロラDX) シリーズ:2021年発売
  • シュラフ DOWNBAG STDシリーズ:2021年発売
  • スカイパイロット シンセティック:2023年発売
  • モーニンググローリー シンセティック:2023年発売

2023年春には、スカイパイロットTCとモーニンググローリーTCをベースに、素材をTC素材からポリエステル素材にした「スカイパイロット シンセティック」と「モーニンググローリー シンセティック」、2023年秋にはサバティカル初のドームテント「サバルパインドーム」が発売されました。

SABBATICAL (サバティカル)のキャンプギアは、どれもフォルムの美しさに心を奪われます。

万全を期して投入してきたブランドだけあって、フォルムだけでなく素材や価格にも衝撃を受けました!

それでは、「SABBATICAL (サバティカル)」のテントなどを早速ご紹介致します。

【最新】抽選販売の詳細

2021年11月19日、2022年9月16日につづき、2023年2月1日にも価格改定が行われます。

タップできるもくじ
PR
PR

SABBATICAL (サバティカル)

SABBATICAL」を直訳すると、

使途に制限がない職務を離れた長期休暇のこと

一方「SABBATICAL (サバティカル)」のWebサイトには、

刻一刻と変化する環境の中に身を置くことで、私たちは様々な自然を五感で感じることができます。

それらの環境を過ごすためには、良い「道具」が必要不可欠です。

道具を通して学び、道具と共に成長していく。そんな人と道具の関わりを、私たちは作り続けたいと考えています。

地球そのものを体感し、学び、楽しむための「地球の道具」として。

抜粋:SABBATICAL Webサイト

とあるため、現代の日常から離れて自然の中に身を置くことで、様々な自然の変化を肌で感じることができますが、自然の変化を過ごすためには道具が必要となり、更にその道具を通して自然について学べ、かつ成長できるようなものを「SABBATICAL (サバティカル)」が、今後提供してくれるのではないかと思います。

一部勝手な解釈があります。

SABBATICAL (サバティカル) のシェルター

スカイパイロット TC / SKYPILOT TC (2019)

スカイパイロット16
出典: SABBATICAL

個人的に一番の衝撃は、「SKYPILOT TC (スカイパイロット TC) 」のフォルム!

この衝撃!2018年末にも覚えがあります。

そう2018年末に取り上げました、ZANE ARTS (ゼインアーツ)ZEKU-M(ゼクーM)と同じ衝撃。

どことなく似た雰囲気を感じます。

この「SKYPILOT TC (スカイパイロット TC) 」は、SABBATICAL( サバティカル )のフラッグシップモデルで、省スペース設計なのに、サブポールを用いることでデットスペースを無くし、空間を最大限に確保した大型シェルターになります。

なんと言っても衝撃だったのが、素材がTC素材なのに10万円を切るという価格設定

気になる仕様や価格などは以下の通りです。

スカイパイロット TC のカラー

スカイパイロット1
※ライトベージュ 出典: SABBATICAL
スカイパイロット2
※フォレストグリーン 出典: SABBATICAL
  • ライトベージュ
  • フォレストグリーン(限定カラー)

フォレストグリーンSABBATICALブランドローンチ記念の数量限定カラーで、今後の販売はありません。

スカイパイロット TC の仕様

スカイパイロット サイズ
出典: SABBATICAL
使用時サイズL720×W380×H270cm
収納時サイズL82×W39×H29cm
重量本体14.7㎏、ポール5.6㎏、ペグ2.1㎏
素材ウォール:TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)・撥水加工
マッドスカート/トップキャップ:210Dポリエステルオックス
センターポール:スチール・Φ32mm・全長270cm
サブポール:スチール・Φ22mm・全長180cm
セット内容本体、センターポール×1、サブポール×4、ハンガーテープ×2
ペグ×20、3mロープ×8、キャリーバッグ×1、ポールケース×1、
ペグ・ロープケース×1
2023年からの仕様変更について

「 スカイパイロットTC」「モーニンググローリーTC」は、張綱の取り付け箇所の追加、張綱の本数追加の仕様の変更があります。また撥水剤の変更があります。詳しくはこちらをご確認ください。

スカイパイロット TC の価格

¥99,800(税込)

2023年8月25日現在

モーニンググローリー TC / MORNING GLORY TC (2019)

モーニンググローリー13
出典: SABBATICAL

パッと見た目は「ベルテント」のように見えますが、サイドの立ち上がりやサイドから本体を見てみるとわかるのですが、変形型のベルテント…というより、全く別ものと思っていいと思います。

本体をサイド・上部から見てみると

モーニンググローリー10
※サイドから 出典: SABBATICAL
モーニンググローリー9
※上部から 出典: SABBATICAL

通常のベルテントと異なることがわかると思います。

フロントに3本のサブポールを入れることにより、前方の空間を大きく確保し、圧迫感のないリビングスペースを実現。

オプションのインナーテントを使用すると2ルームシェルターとして使用可能です。

こちらも衝撃だったのが、素材がTC素材なのに5万円を切るという価格設定

気になる仕様や価格などは以下の通りです。

モーニンググローリー TC のカラー

モーニンググローリー8
※ライトベージュ 出典: SABBATICAL
モーニンググローリー11
※フォレストグリーン 出典: SABBATICAL
  • ライトベージュ
  • フォレストグリーン(限定カラー)

フォレストグリーンSABBATICALブランドローンチ記念の数量限定カラーのため、2ndロットからは販売がありません。

モーニンググローリー TC の仕様

モーニンググローリー 仕様
出典: SABBATICAL
使用時サイズL440×W470×H270cm
収納時サイズL77×W36×H23cm
重量本体9.2㎏、ポール3.7㎏、ペグ1.45㎏
素材ウォール:TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)・撥水加工
マッドスカート/トップキャップ:210Dポリエステルオックス
センターポール:スチール・Φ32mm・全長270cm
フロントポール:スチール・Φ22mm・全長180cm
サイドポール:スチール・Φ19mm・全長84cm
セット内容本体、センターポール×1、フロントポール×1、サブポール×2、ハンガーテープ×1
ペグ×14、3mロープ×5、1.5mロープ×2、キャリーバッグ×1、ポールケース×1、
ペグ・ロープケース×1
2023年からの仕様変更について

「 スカイパイロットTC」「モーニンググローリーTC」は、張綱の取り付け箇所の追加、張綱の本数追加の仕様の変更があります。また撥水剤の変更があります。詳しくはこちらをご確認ください。

モーニンググローリー TC の価格

¥59,800(税込)

2023年8月25日現在

スカイパイロット シンセティック / SKYPILOT SYNTHETIC (2023)

スカイパイロット シンセティック
出典: SABBATICAL

「シンセティック(SYNTHETIC) = 合成」という意味。

ファルムはそのままで、素材がTC素材からポリエステル素材に変更になったのが「スカイパイロット シンセティック」。

詳細はまだ不明ですが、素材が変更になったため、総重量が減り価格もスカイパイロットTCに比べると、求めやすい価格になるのではないかと思われます。

スカイパイロット シンセティック 仕様

サイズW720×D380×H270cm
収納サイズL80×W35×H29cm
重量総重量13.9kg(ポール3.3㎏、ペグ360g)
材質ウォール:150Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工
センターポール:A6061・Φ32mm・全長270cm
サブポール:A6061・Φ22mm・全長180cm
ハンガーテープ・ロープ:ポリプロピレン
ペグ:ジュラルミン・21cm
キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース:210Dポリエステルオックス
セット内容本体×1、センターポール、サブポール、ハンガーテープ、ペグ、3mロープ、
2mロープ、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース

スカイパイロット シンセティック 価格

¥106,700(税込)

2023年8月25日現在

モーニンググローリー シンセティック / MORNING GLORY SYNTHETIC (2023)

モーニンググローリー シンセティック ルピネMと連結
ルピネMは別売 出典: SABBATICAL

「シンセティック(SYNTHETIC) = 合成」という意味。

こちらもスカイパイロット同様、「モーニンググローリーTC」のファルムはそのままで、素材がTC素材からポリエステル素材に変更になったのが「モーニンググローリー シンセティック」。

詳細はまだ不明ですが、素材が変更になったため、総重量が減り価格もモーニンググローリーTCに比べると、求めやすい価格になるのではないかと思われます。

モーニンググローリー シンセティック 仕様

サイズ(最大値)W470×L440×H270cm
収納サイズL76cm×W33cm×H23cm
重量総重量9.4kg(ポール2.1㎏、ペグ260g)
材質本体(ウォール):150Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工
センターポール:A6061・Φ32mm・全長270cm
フロントポール:A6061・Φ22mm・全長180cm
サイドポール:A6061・Φ19mm・全長84cm
ペグ:ジュラルミン
ハンガーテープ / ロープ:ポリプロピレン
キャリーバッグ / ポールケース / ペグ・ロープケース:210Dポリエステルオックス
セット内容本体、センターポール、フロントポール、サイドポール、ハンガーテープ、
ペグ、3mロープ、2mロープ、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース

モーニンググローリー シンセティック 価格

¥66,660(税込)

2023年8月25日現在

SABBATICAL (サバティカル) のテント

アルニカ / ARNICA (2020)

アルニカ7
出典: SABBATICAL

これは見た瞬間にやられました!

フォルムといい、カラーといい、価格といい、全ていい感じのトンネル型テントの登場です。

このアルニカの登場で、日本のトンネル型テントの根底がくつがえりそうな感じがします。

インナーテントも付いており、このサイズで衝撃の価格!

気になる仕様や価格は以下の通りです。

アルニカの仕様

アルニカ 仕様
出典: SABBATICAL
使用時サイズW620×D320×H210cm(最大値)
収納時サイズL81cm×W42cm×H35cm
重量総重量20.5㎏(ポール5.8㎏、ペグ1.9㎏)
素材ルーフ:210Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)
撥水加工・UV加工
ウォール :75Dポリエステルタフタ・PU加工・撥水加工・UV加工
インナーテントウォール:68Dポリエステルタフタ
インナーテントボトム:210DポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
メインポール:A6061・Φ13mm/Φ13.4mm
メインフレーム:A6061・Φ16mm
ブリッジポール:A6061・Φ13mm
セット内容本体、インナーテント、メインポール長、メインフレーム短、
ブリッジポール、ペグ、ロープ、各ケース

アルニカの価格

¥99,800(税込)

2023年8月25日現在

ギリア / GILIA (2020)

ギリア1
出典: SABBATICAL

先述の「アルニカ(ARNICA)」と同様のトンネル型テントなのですが、アルニカとは全く異なるフォルムと仕様のテント。

今までにあまりない発想、使用人数によってインナーテントを選択できるトンネル型テントになります。

2人用インナーテントと5人用インナーテントが付属しています。

こちらもアルニカ同様に人気の出そうなトンネル型テントです。

気になる仕様や価格は以下の通りです。

ギリアの仕様

ギリア 仕様
出典: SABBATICAL
使用時サイズW520×D300×h170(最大値)
収納時サイズL67cm×W35cm×H30cm
重量総重量13.8㎏(ポール3.1㎏、ペグ1.76㎏)
素材フライ:75Dポリエステルタフタ・PU加工(耐水圧1,800mm)・撥水加工・UV加工
インナーウォール:68Dポリエステルタフタ
インナーボトム:210DポリエステルオックスPU加工(耐水圧1,800mm)
メインポール長:A6061・Φ13mm/Φ13.4mm
メインポール短:A6061・Φ13mm
ブリッジポール:A6061・Φ11mm
セット内容本体、インナーテント、メインポール長、メインポール短、
ブリッジポール、ペグ、ロープ、各ケース

ギリアの価格

¥59,800(税込)

2023年8月25日現在

サバルパインドーム / SUBALPINE DOME (2023)

サバルパインドーム TOP
出典: SABBATICAL

サバティカルから初のドームテントがこの「サバルパインドーム」。

サイドパネルのすべてがメッシュになる仕様で、高温多湿の日本にあったドーム型テントです。

シンプルさを追求しているテントのため、設営も容易です。

海外ブランドの多いドームテント市場の本命になるのではないかと思います。

サバルパインドーム 仕様

サバルパインドーム サイズ
出典: SABBATICAL
サイズ
(最大値)
540×約468×230cm
収納サイズL82 × W42 × H31cm
重量総重量23.8kg(ポール10.3kg、ペグ820g)
材質ルーフ部:210Dポリエステルオックス 遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工
ウォール部:75Dポリエステルオックス PU加工(耐水圧1,800mm)・撥水加工・UV加工
ルーフシフト:210Dポリエステルオックス PU加工(耐水圧1,800mm)・撥水加工・UV加工
Aフレーム:A6061 φ19mm
ルーフフレーム:A6061 φ17.5mm
サイドフレーム:A6061 φ17.5mm
リビングシート:210Dポリエステルオックス PU加工(耐水圧1,800mm)・撥水加工
キャリーバッグ、ポールケース、ペグロープケース:210Dポリエステルオックス
ペグ:スチール
ロープ:ポリプロピレン
リング付きロープ:ポリプロピレン
セット内容本体×1、ルーフシート×1、フレーム一式、リビングシート×1、
キャリーバッグ×1、ポールケース×1、ペグロープケース×1、
ペグ(20cm) ×15 、3mロープ (φ4mm) × 6、リング付3mロープ(φ4mm) ×3
468cmは図形より計算のためおよそ値

サバルパインドーム 価格

¥198,000(税込)

2023年8月26日現在

SABBATICAL (サバティカル) のタープ

マリポサ M TC / MARIPOSA M TC (2019)

マリポサM TOP
出典: SABBATICAL

一見通常のレクタタープのように見えますが、違うんです!

MARIPOSA M TC (マリポサ M TC) はスクエア型タープですが、通常のレクタタープとは異なり、四隅を落とし込む設計で、有効面積を最大限にすると共に、力がかかる方向に生地目を合わせ、容易に美しく張り上げることができるタープになります。

Mサイズは4人が快適に使用できるサイズ。

気になる仕様や価格などは以下の通りです。

マリポサ M TC のカラー

マリポサM
※ライトベージュ 出典: SABBATICAL
マリポサM 2
※フォレストグリーン 出典: SABBATICAL
  • ライトベージュ
  • フォレストグリーン(限定カラー)

フォレストグリーンはSABBATICALブランドローンチ記念の数量限定カラー

マリポサ M TC の仕様

マリポサM 仕様
出典: SABBATICAL
使用時サイズL410×W410cm
収納時サイズL75×W25×H20cm
重量本体4.85㎏、ポール5.45㎏、ペグ1㎏
素材本体:TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)・撥水加工
メインポール:スチール・Φ32mm・全長240cm
サイドポール:スチール・Φ22mm・全長160cm
セット内容本体×1、メインポール×2、サイドポール×2、ハンガーテープ×2
ローダウンテープ×2、ペグ×10、8m2又ロープ×2、2.5mロープ×6
キャリーバッグ×1、ポールケース×1,ペグ・ロープケース×1

ポール・ペグともに付属しています。

マリポサ M TC の価格

¥38,800(税込)

2023年8月25日現在

マリポサ L TC / MARIPOSA L TC (2019)

マリポサL TOP
出典: SABBATICAL

こちらもマリポサ M 同様に、一見通常のレクタタープのように見えますが、異なります。

MARIPOSA L TC (マリポサ L TC) はスクエア型タープですが、マリポサ M TCと同じように四隅を落とし込む設計で、有効面積を最大限にすると共に、力がかかる方向に生地目を合わせ、容易に美しく張り上げることができるタープになります。

Lサイズは6人が快適に使用できるサイズ。

気になる仕様や価格などは以下の通りです。

マリポサ L TC のカラー

マリポサL 2
※ライトベージュ 出典: SABBATICAL
マリポサL
※フォレストグリーン 出典: SABBATICAL
  • ライトベージュ
  • フォレストグリーン

フォレストグリーンはSABBATICALブランドローンチ記念の数量限定カラー

マリポサ L TC の仕様

マリポサL 仕様
出典: SABBATICAL
使用時サイズL500×W500cm
収納時サイズL79×W26×H22cm
重量本体6.7㎏、ポール6.05㎏、ペグ1㎏
素材本体:TC素材(コットン/ポリエステル混紡素材)・撥水加工
メインポール:スチール・Φ32mm・全長270cm
サイドポール:スチール・Φ22mm・全長170cm
セット内容本体、メインポール×2、サイドポール×2、ハンガーテープ×2
ローダウンテープ×2、ペグ×10、8m2又ロープ×2、3mロープ×6
キャリーバッグ×1、ポールケース×1,ペグ・ロープケース×1

ポール・ペグともに付属しています。

マリポサ L TC の価格

¥47,800(税込)

2023年8月25日現在

ルピネ M / LUPINE M (2020)

ルピネTOP
出典: SABBATICAL

これまた心くすぐられるタープが登場します!

元々耐風性の強い構造のヘキサタープをさらに追及し、形状のバランスを考えデザインにすることで、設営しやすく美しいヘキサタープを実現しました。

Mサイズは4人が快適に過ごせるサイズです。

気になる仕様や価格などは以下の通りです。

ルピネ M の仕様

ルピネ仕様
出典: SABBATICAL
使用時サイズ475×420cm(最大値)
収納サイズL71cm×W20cm×H17cm
重量総重量5.1㎏(ポール2.1㎏、ペグ0.8㎏)
素材本体:210Dポリエステルオックス・遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工
ポール:A6061・Φ32mm・全長240cm
セット内容本体、ポール、ハンガーテープ/ローダウンテープ、ペグ、8m2又ロープ
3mロープ、各ケース

ルピネ M の価格

¥34,800(税込)

2023年8月25日現在

ルピネ L / LUPINE L (2020)

ルピネL-TOP
出典: SABBATICAL

ルピネ Lはヘキサタープですが、ルピネ M 同様に設営しやすく風に強い美しいヘキサタープになります。

Lサイズは6人が快適に過ごせるサイズです。

気になる仕様や価格などは以下の通りです。

ルピネ L の仕様

ルピネL仕様
出典: SABBATICAL
使用時サイズ570×500cm(最大値)
収納サイズL71cm×W22cm×H17cm
重量総重量6.1㎏(ポール2.4㎏、ペグ0.8㎏)
素材本体:210Dポリエステルオックス・遮光PU加工(耐水圧3,000mm)・撥水加工・UV加工
ポール:A6061・Φ32mm・全長270cm
セット内容本体、ポール、ハンガーテープ/ローダウンテープ、ペグ、9m2又ロープ
3.5mロープ、各ケース

ルピネ L の価格

¥41,800(税込)

2023年8月25日現在

SABBATICAL (サバティカル) の寝袋(シュラフ)

サバティカル 寝袋
出典: SABBATICAL

2021年には、なんと日本が誇るダウンシュラフ・メーカー「NANGA」とのコラボで寝袋(シュラフ)を発売しました。

大きく種類の素材に分かれます。

  • AURORA DXシリーズ
  • DOWNBAG STDシリーズ

またサイズは2種類で、レギュラーは身長180cmまで、ショートは身長165cmまで対応。

AURORA DX (オーロラDX) シリーズ

オーロラDXの特徴は、なんと言ってもシュラフカバーの要らないところ。

表地に40デニールの丈夫な防水透湿素材オーロラテックス (多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地) を採用し、760フィルパワーのスパニッシュホワイトダックダウンを採用しています。

オールラウンドな立体構造の寝袋です。

AURORA DX
耐久性
防水・透湿性
オールラウンド
オーロラ350DXオーロラ450DXオーロラ600DXオーロラ750DXオーロラ900DXオーロラ450DX
カップラー
オーロラ600DX
カップラー
ダウン量350g(760FP)450g(760FP)600g(760FP)750g(760FP)900g(760FP)450g(760FP)600g(760FP)
快適使用温度5℃〜0℃〜-4℃〜-8℃〜-10℃〜0℃〜-4℃〜
下限温度-5℃-11℃-16℃-19℃-5℃-11℃
本体重量レギュラー:860g
ショート:820g
レギュラー:980g
ショート:950g
レギュラー:1290g
ショート:1230g
レギュラー:1460g
ショート:1400g
980×2980g×21290g×2
価格¥30,580(税込)¥36,960(税込)¥50,600(税込)¥55,880(税込)¥61,710(税込)¥72,820(税込)¥99,990(税込)

2023年8月25日現在、表記の温度域は下記の温度表記〈ヨーロピアン・ノーム〉に基づいています。

DOWNBAG STD (ダウンバッグSTD) シリーズ

ダウンバッグSTDの特徴は、軽量・コンパクトでコストパフォーマンスの高いというところ。

しなやかで軽量な20デニールのナイロンタフタを採用し、650フィルパワーのスパニッシュホワイトダックダウンを組み合わせている寝袋です。

DOWNBAG STD
軽量・コンパクト
高コスパ
ダウンバッグ
350STD
ダウンバッグ
450STD
ダウンバッグ
600STD
ダウンバッグ
450STD
カップラー
ダウン量350g(650FP)450g(650FP)600g(650FP)450g(650FP)
快適使用温度8℃〜5℃〜0℃〜5℃〜
下限温度3℃0℃-7℃0℃
本体重量レギュラー:650g
ショート:640g
レギュラー:750g
ショート:710g
レギュラー:1040g
ショート:1020g
750g×2
価格¥24,970(税込)¥31,460(税込)¥44,000(税込)¥61,820(税込)

2023年8月25日現在、表記の温度域は下記の温度表記〈ヨーロピアン・ノーム〉に基づいています。

SABBATICAL 寝袋一覧へ

SABBATICAL (サバティカル) 抽選販売 詳細

A&Fでは、SABBATICAL (サバティカル)商品の抽選販売を行ってきましたが、2023年3月の抽選販売を最後に、抽選販売は行われていません。

2023年5月より、全国のA&Fカントリー各店舗(オンラインストアも含む)にて、通常販売を開始しています。

すべての商品の在庫があるとは限りませんが、A&Fオンラインストアでもアルニカやギリアなどの在庫があったりするため、ちょくちょく覗かれてみて下さい。

A&Fオンラインストア サバティカル

SABBATICAL(サバティカル) 価格改定

残念ながら、2021年11月19日、2022年9月16日につづき、2023年2月1日にも価格改定が行われます。

価格改定が行われるのは、以下の商品です。

商品名新価格
(2023年2月から)
旧価格
(2022年価格)
値上げ率参考価格
(2021年価格)
アルニカ¥99,800¥88,00011.8%↑UP¥84,480
ギリア¥59,800¥47,08021.4%↑UP¥43,780
ルピネM¥34,800¥28,60018.8%↑UP¥27,280
ルピネL¥41,800¥34,10019.4%↑UP¥32,780
スカイパイロット TC¥99,800¥88,00011.8%↑UP¥84,480
スカイパイロットインナーテント¥19,800¥18,4806.7%↑UP¥17,380
モーニンググローリーTC¥59,800¥47,08021.4%↑UP¥43,780
モーニンググローリーインナーテント¥15,800¥13,97011.6%↑UP¥12,980
マリポサTC M¥38,800¥31,90017.8%↑UP¥30,250
マリポサTC L¥47,800¥39,60017.2%↑UP¥37,950
TarpPole 240¥12,800¥9,90022.7%↑UP¥7,920
TarpPole 30 セクション¥2,500¥1,87025.2%↑UP¥1,540
ShelterPole 270¥12,800¥9,90022.7%↑UP¥8,140
UprightPole 160-180¥7,800¥7,0409.7%↑UP¥4,620
全て税込み価格

2021年11月の価格改定では、そこまで価格が上がらなかったためか、この度の価格改定ではかなり値上がっています。

値上げ率が10%超えるものがほとんどで、中には値上げ率が20%を超えるものも…

2022年9月16日にも、スリーピングバッグを始めとするギアの価格改定が行われました。

商品名旧価格新価格
オーロラ350DX¥27,940¥30,580
オーロラ450DX¥32,890¥36,960
オーロラ600DX¥45,320¥50,600
オーロラ750DX¥50,490¥55,880
オーロラ450DXカップラー¥64,680¥72,820
オーロラ600DXカップラー¥89,540¥99,990
ダウンバック350STD¥22,990¥24,970
ダウンバック450STD¥27,940¥31,460
ダウンバック600STD¥39,600¥44,000
ダウンバック450STDカップラー¥54,780¥61,820
MORNING GLORY SidePoleセット¥3,960¥4,400
ジザイ φ4mm(12pcs)¥748¥880
PPロープ φ4mm(10m)¥495¥594
ハンガーテープ&ローダウンテープセット¥2,200¥2,640
すべて税込み価格

筆者の所有する「ogawa シュナーベル5」も、以前ogawaの価格改定で約¥20,000くらい高くなった経験がありますが、正直辛いですよね。給料は上がらないのに…

新型コロナウイルス感染症を発端とする原材料高騰や物流費用の高騰、また急激な円安もあっての価格改定とのことで、致し方がないことかもしれませんが、一度高騰すると下がることはまずないため、どんどんキャンプ人口が減っていかないか心配なところです。

2023年に登場する、「スカイパイロット シンセティック」と「モーニンググローリー シンセティック」は、価格が高騰する中の苦肉の策なのかもしれませんね。

あとがき

「A&F」が万全を期して販売する「SABBATICAL (サバティカル)」のテントやシェルターなどは、どれもスタイリッシュで衝撃の価格設定!

予想通りに大人気のブランドになりました。

今後も「SABBATICAL (サバティカル)」の話題で持ちきりになりそうです!

販売から約3年以上経った現在も、SABBATICAL(サバティカル)のテントやシェルターは抽選販売になるくらいの人気があるため、是非当ブログで抽選販売情報をチェックをしてくださいね!

SABBATICAL (サバティカル) 公式サイト

あわせて読みたい関連記事

その他テントへはこちらから

気になるキャンプギアが見つかるはず

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ