【2024年】IGT互換テーブル10選 こちら

ゼインアーツ ロガ / ROGA|ブリッジフレームを取り入れたミドルサイズツールームテント

本ページはプロモーションが含まれています
ロガ
出典: ZANE ARTS

2023年ゼインアーツの新作テントやシェルターは、以下の合計3アイテム。

  • ZEKU-M TC(ゼクーM TC)
  • GIGI-1 TC(ギギ1 TC)
  • ROGA(ロガ)

今回は、その中から個人的に一番気になるテント「ロガ」を紹介します。

タップできるもくじ
PR
PR

ロガ 特徴

ロガ2
出典: ZANE ARTS

ロガの主な特徴をピックアップして紹介します。

  • 耐風性が高い
  • 高さが170cmある
  • 少人数に最適なサイズ
  • 奥行きも広い
  • 最大4名が就寝可能
  • 様々なところをオープンできる
  • 裾にスカートを装備

耐風性が高い

ロガ 耐風性
出典: ZANE ARTS
ロガ 横から
出典: ZANE ARTS

ロガ最大の特徴が、この耐風性が高いというところ。

ゼインアーツオリジナルの構造で、サイドのブリッジフレームが2つのクロスフレームを連動させて高い耐風性を生み出します。

少ないフレームワークで、最大の効果を生み出すゼインアーツならではの構造です。

高さが170cmある

ロガ 室内高さ170cm
出典: ZANE ARTS

耐風性を求めると、どうしてもテント高さを低くしがちですが、最大高は170cmと意外と高め。

高さが170cmあるため居住性も優れており、インナーテントを外せば、大きなシェルターとしての利用も可能です。

少人数に最適なサイズ

ロガ 2〜3人に最適なサイズ
出典: ZANE ARTS

テーブルやチェア、その他必要な道具を十分に入れた状態で、少人数(2〜3名)が快適に過ごせるサイズ。

少人数のキャンプに最適なサイズです。

奥行きも広い

ロガ コット2台置き
出典: ZANE ARTS

長辺(幅)が595cmと長く細長く見えるため、「短辺(奥行き)は狭いんじゃないの?」と思われがちですが、実際は300cmあるため意外と広いです。

画像のように、コットを横にしてもまだまだ余裕のある広さ。

最大4名が就寝可能

ロガ 最大4名が寝れるサイズ
出典: ZANE ARTS

快適に過ごすのなら、2〜3名がくらいがちょうどいいのですが、実はインナーテントには、詰めれば最大4名が就寝できる広さがあります。

様々なところをオープンできる

ロガ フルオープン
出典: ZANE ARTS
ロガ インナーテントとリンク
出典: ZANE ARTS

ロガは、画像のように様々なところをオープンすることができます。

さらに、インナーテントのサイドパネルと本体(フライ)のパネル部分がリンクしているため、サイドからの出入りが可能。

これだけオープンできれば、夏場も涼しそうです。

個人的には、ここが一番気になっていました。これはいい…

裾にスカートを装備

ロガ 裾にスカート装備
出典: ZANE ARTS

ロガ4にはなかった、本体裾に冷気や風の侵入を軽減してくれるスカートを装備。

冬場の冷え込みを緩和してくれます。

ロガ 仕様・価格

ロガの仕様や価格を紹介します。

仕様

ロガ仕様
出典: ZANE ARTS
サイズ595×300×H170cm(最大値)
インナーサイズ250×220cm(高さの記載なし:最大値)
収納サイズ70×25×25(h)cm(キャリーバッグサイズ)
重量11.5kg
材質【本体(フライシート)】
75Dシリコーンポリエステルリップストップ、
遮光PU加工 (耐水圧1,500mm)
【インナーテント】
ウォール:68Dポリエステルタフタ
ボトム:150Dポリエステルオックス・PU加工 ( 耐水圧1,500mm )
【フレーム一式】
A6061 / φ13mm・φ11mm
【3.5mロープ】
ポリプロピレン / φ3mm
【2.5mロープ】
ポリプロピレン / φ3mm
【キャリーバッグ/ポールケース/ロープケース】
150Dポリエステルオックス
セット内容フライシート×1
インナーテント×1
フレーム一式×6
3.5mロープ×4
2.5mロープ×8
キャリーバッグ/ポールケース/ロープケース×各1

グランドシートとペグは付属しません。

価格

¥89,980(税込)

2024年2月29日現在

ロガ4と比較

ゼインアーツが以前に販売していたテント「ロガ4」と何が異なるのか、比較してみました。

ロガ 斜め
ロガ 出典: ZANE ARTS
ロガ4-4
ロガ4 出典: ZANE ARTS

見た感じの形状は似ていますが、ベンチレーションの位置や、裾にスカートを装備していたりと、結構異なります。

ロガ仕様
出典: ZANE ARTS
ロガ4 出典: ZANE ARTS

サイズからロガの方がロガ4に比べて、サイズアップしていることがわかります。

ロガの方が、幅90cm、奥行40cm、高さ30cm広くなっています。

スクロールできます
ロガロガ4
サイズ595×300×H170cm(最大値)505×260×H140cm(最大値)
インナーサイズ250×220cm(高さの記載なし:最大値)240×220cm(高さの記載なし:最大値)
収納サイズ70×25×25(h)cm(キャリーバッグサイズ)62×23×23(h)cm(キャリーバッグサイズ)
重量11.5kg6.8kg(インナー:1.25kg、フットプリント:0.4kg)
材質【本体(フライシート)】
75Dシリコーンポリエステルリップストップ、
遮光PU加工 (耐水圧1,500mm)
【インナーテント】
ウォール:68Dポリエステルタフタ
ボトム:150Dポリエステルオックス・PU加工 ( 耐水圧1,500mm )
【フレーム一式】
A6061 / φ13mm・φ11mm
【3.5mロープ】
ポリプロピレン / φ3mm
【2.5mロープ】
ポリプロピレン / φ3mm
【キャリーバッグ/ポールケース/ロープケース】
150Dポリエステルオックス
【フライシート】
50Dシリコーンポリエステルリップストップ、
PU加工(耐水圧1,500mm)
【インナーテント】
ウォール:20Dポリエステルリップストップ
ボトム:70Dナイロンタフタ・PU加工(耐水圧1,500mm)
【グランドシート】
75Dポリエステルタフタ・PU加工(耐水圧1,500mm)
【ダブルクロスフレーム(長・短)】A7001・φ11mm
【ブリッジフレーム】A7001・φ9.5mm
【Vペグ】ジュラルミン・17cm
【2.5mロープ】ダイニーマ・リフレクター仕様・φ2mm
【リペアパイプ】A7001
【キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース】
150Dポリエステルオックス
セット内容フライシート×1
インナーテント×1
フレーム一式×6
3.5mロープ×4
2.5mロープ×8
キャリーバッグ/ポールケース/ロープケース×各1
フライシート×1
インナーテント×1
グランドシート×1
ダブルクロスフレーム(長・短)×各2
ブリッジフレーム×2
Vペグ×24
2.5mロープ×12
リペアパイプ×1
キャリーバッグ/ポールケース/ペグ・ロープケース×各1

本体素材が、75Dシリコーンポリエステルリップストップ・遮光PU加工になり、インナーテントもウォールが68Dポリエステルタフタ、ボトムが150Dポリエステルオックスになり、裾にスカートをそうびしたため、重量が11.5kgとロガ4に比べると約4.7kg重くなっていることがわかります。

ロガは仕様から見ると、グランドシートとペグが省かれました。

ロガ あとがき

ロガ フルオープン2
出典: ZANE ARTS

2023年に発売されるゼインアーつのテントやシェルターは、一番最初に販売したテント・シェルターの素材違いやサイズ違いで、新しい形状のものはありません。

それなのに、新鮮に感じるのはこの形状が完成されたものだからだと思います。

きっと争奪戦になるはずですが、個人的にはロガは欲しいところです。

あわせて読みたい関連記事

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ