【2024年】IGT互換テーブル10選 こちら

最終形ワンポールテント【kohaku コハク】がyozoraから登場

本ページはプロモーションが含まれています
コハク TOP
出典: yozora

多くの方が使っている手帳「ほぼ日手帳」。

その手帳を手掛ける株式会社ほぼ日が、キャンププロジェクト「yozoraヨゾラ)」を立ち上げ、ファーストプロダクトとしてはじまりのテント「kohakuコハク)」作り上げました。

製品デザインは、ゼインアーツの小杉敬氏が行っており、魅力のあるテントに仕上がっています。

それでは、kohaku(コハク)とはどのようなテントなのか、特徴やサイズなど詳しく紹介していきます。

タップできるもくじ
PR
PR

kohaku(コハク)|yozora

コハクと湖畔1
出典: yozora

製品デザインしたゼインアーツの小杉敬さんが「ある意味で最終形」と語る、yozoraのテント「kohaku(コハク)」。

まずは、kohaku(コハク)を手掛けるキャンププロジェクト「yozora」から紹介していきます。

yozoraとは?

コハク4
出典: yozora
yozoraとは?

「yozora(ヨゾラ)」とは、多くの方が使用している「ほぼ日手帳」で有名な「株式会社ほぼ日」が手掛けるキャンププロジェクト。

2023年10月6日、7日に行われた「アルプスアウトドアサミット2023」にて実際に展示が行われ、形状や構造などのベールを脱ぎました。

kohaku(コハク)の形状や構造

コハク1
出典: yozora
コハク2
出典: yozora

構造は大きく分けると、センターにメインポールを入れて立ち上げる「ワンポールテント」ですが、デザイナーがゼインアーツの小杉氏とのため、通常のワンポールテントとは全く異なる形状をしています。

それは、出入り口を大きく・高くするためのフレームを追加しているところ

また2本のポールでキャノピーをする構造のため、ひさし部分ができて雨風や日差しの侵入を軽減してくれます。そのため、前室も広く快適な空間を得ることができます。

また追加したフレーム部分が前面パネルとなり、フルクローズも可能。

初めてパッと見た感じは、ogawaのタッソを跳ね上げた感じのようにも見えましたが、よくよく見ると全く異なります。

内側サイドにはメッシュを装備しており、開くことで夏場も風が通り抜けそうです。

今までにありそうでなかった、唯一無二の形状のテントです。

kohaku(コハク)の特徴

コハクと湖畔2
出典: yozora

kohaku(コハク)の主な特徴は、以下の通り。

  • 唯一無二の美しい形状
  • 雨風を軽減するフロントバイザー
  • 視野を広げるフロントメッシュ
  • 屋根のような形状
  • 空を見る窓
  • カンガルースタイルも可能
  • リビングスペース
  • 風が通るリアパネル
  • アクセントのあるロープ
  • ブルーグリーンのキャリーバッグ

唯一無二の美しい形状

コハク5
出典: yozora

kohaku(コハク)最大の特徴は、この唯一無二の形状。

サイドに羽を広げたような形状が、地面降り立った鳥のようにも見え、非常に美しく仕上がっています。

雨風を軽減するフロントバイザー

コハク6
出典: yozora

フロント部には、フロントフレームによってできるバイザーを装備。

このフロントバイザーによって、雨風の侵入を軽減してくれます。

視野を広げるフロントメッシュ

コハク7
出典: yozora

フロントパネル部はメッシュにもなるため、メッシュにすることで視野が広がり、テント内から虫の侵入を防ぎつつ、外の景色を楽しむことができます。

もちろん、寒い時期などはフルクローズすることもできます。

屋根のような形状

コハク8
出典: yozora

kohaku(コハク)はテント全体にバイザーがついており、屋根のような形状になっているため、雨が入りにくい構造です。

また冷気や風の侵入を軽減するスカート(矢印部分)は、バイザーの内側にあるため、雨などで汚れることが少なく、撤収や収納の際のストレスを軽減してくれます。

空を見る窓

コハク9
出典: yozora
コハク16
出典: yozora

リア上部に装備している「空を見る窓」。

クローズはもちろんのこと、メッシュにしたりオープンすることもできます。

別売のインナーテントにも、同じようにメッシュの窓がつくため、インナーテント内に寝転び見上げることで、空の移り変わりを楽しむことができます。

カンガルースタイルも可能

コハク11
出典: yozora

別売のインナーテントを吊るさずに、他ブランドのインナーテントをインストールしてカンガルースタイルを楽しみ事もできます。

他ブランドのインナーテントのサイズによっては、リビングスペースをより広く使用することもできます。

またインナーテント自体を使用せずに、シェルター仕様でコット寝をすれば、より一層スペースにゆとりができます。

リビングスペース

コハク10
出典: yozora

フロントパネルを巻き上げることで、別売のインナーテントを吊るした状態でもチェア×4、テーブル×1くらいの、リビングスペースを設けることができます。

テーブルのサイズにもよります。

風が通るリアパネル

コハク12
出典: yozora

リアパネルもメッシュにすることができるため、別売のインナーテントの後方をメッシュにすれば、風が通り抜けます。

また4人用のkohakuのみ、オープンにすることで出入りが可能。(大人は厳しい)

注意

kohaku duoはリアパネルからの出入りはできません。

アクセントのあるのロープ

コハク13
出典: yozora

付属するロープの色は、たくさんの候補の中から選び抜いたとのことで、自然に溶け込み視界にあるのがうれしくなるようなグリーンを採用。

テントの中から眺めると、ほんの少しブルーがかって見える柔らかい緑です。

テント本体のカラーに対して、少しアクセントのあるロープだと感じました。

ブルーグリーンのキャリーバッグ

コハク14
出典: yozora

キャリーバッグは、インナーテントのボトムと同じカラーで、yozoraオリジナルのブルーグリーンを採用。

本体、ポールやフレーム、ペグ、だけなく、インナーテントも一緒に収納が可能。

【別売】kohaku(コハク)インナーテント

コハク インナーテント1
出典: yozora
コハク インナーテント2
出典: yozora
コハク インナーテント4
出典: yozora

別売ですが、kohaku(コハク)には4名用のインナーテントが用意されています。

コハク インナーテント3
出典: yozora
コハク インナーテント6
出典: yozora

吊り下げ式のインナーテントは、全方向にメッシュパネルを装備しているため、夏の暑い時期でもメッシュにすることで、風が通り抜けます。

コハク インナーテント10
出典: yozora
コハク インナーテント5
出典: yozora

インナーテントをセットしてもkohaku(コハク)だと、テーブル×1、チェア×4くらいのリビングスペースを確保することができます。

また、インナーテント後方上部をメッシュにすることで、本体リア上部に装備している「空を見る窓」とリンクするため、インナーテント内からも空を見上げることができます。

コハク インナーテント7
出典: yozora
コハク インナーテント8
出典: yozora

インナーテント内には、小物を収納できるポケットや電源コードを取り込むファスナーなどを装備しています。

kohaku(コハク)のサイズ・スペック

コハク スペック
出典: yozora
コハク インナーテント スペック
出典: yozora

kohaku(コハク)

スクロールできます
サイズ(最大値)奥行650×幅540×高さ260cm
収納サイズ約幅78×高さ38×奥行32cm
重量14kg(予定)
材質本体:150Dポリエステルオックス、フッ素加工、UV加工、PU加工(耐水圧1,500mm)
ポール:A6061、φ32×260cm
アップライトポール:A6061、φ22×165cm
フロントフレーム:A6061、φ17.5mm
リアフレーム:A6061、φ14.5mm
ペグ:ステンレス、30cm
3mロープ:φ4mmポリプロピレン、リフレクター入り
2mロープ:φ4mmポリプロピレン、リフレクター入り
キャリーバッグ:150Dポリエステルオックス
フレームバッグ:150Dポリエステルオックス
ペグ・ロープバッグ:150Dポリエステルオックス
セット内容本体×1、ポール×1、アップライトポール×2、フロントフレーム×1、
リアフレーム×1、ペグ×16、3mロープ×6、2mロープ×6、
キャリーバッグ×1、フレームバッグ×1、ペグ・ロープバッグ×1

kohaku(コハク)インナーテント

サイズ幅280/250×奥行240×210cm
収納サイズ約幅44×高さ70×厚み13〜14cm
重量3.2kg(予定)
材質本体:ウォール|68Dポリエステルタフタ
ボトム|150Dポリエステルオックス
フッ素加工、PU加工(耐水圧1,500mm)
ペグ:ジュラルミン、17cm
本体バッグ:150Dポリエステルオックス
ペグバッグ:150Dポリエステルオックス
セット内容本体×1、ペグ×2、本体バッグ×1、ペグバッグ×1

kohaku(コハク)の価格

  • (kohaku+inner tent)SET:¥106,700+配送手数料¥1,650(税込)
  • kohaku(本体のみ):¥89,870+配送手数料¥1,100(税込)
  • kohaku inner tent(インナーのみ):¥16,830+配送手数料¥1,100(税込)

kohaku(コハク)の発売時期

2024年4月11日(木)AM11:00 販売開始

2024年4月10日現在

出荷予定は商品によって異なります。

kohaku duo(コハク デュオ)

コハク デュオ1
出典: yozora
コハク デュオ2
出典: yozora

kohaku duo(コハク デュオ)は、kohaku(コハク)と形状は同じで、収容人数は名称通り2名で使用できるサイズ。

kohaku duo(コハク デュオ)の特徴

kohaku duo(コハク デュオ)は、kohaku(コハク)とほぼ同じ特徴を持ちますが、サイズが異なるため少し特徴も異なる部分があります。

kohaku duo(コハク デュオ)の特徴は次の通り。

  • リビングスペース
  • シェルター使いもできる

リビングスペースはkohaku(コハク)にもありますが、サイズ感が異なるためあえて入れてます。下記以外のその他の特徴は、kohaku(コハク)と同じです。

リビングスペース

コハク デュオ インナーテント3
出典: yozora
コハク デュオ4
出典: yozora

別売のインナーテントを吊り下げた場合でも、フロントパネルを巻き上げることでスペースが生まれるため、テーブル×1、チェア×2くらいのリビングスペースとして快適な空間を楽しむことができます。

シェルター使いもできる

コハク デュオ5
出典: yozora

別売のインナーテントを吊るさなくても、シェルターとして使用も可能です。

シェルターとして使用する方が、インナーテントを吊るした際にできるデッドスペースがなくなるため、より快適に過ごせます。

【別売】kohaku duo(コハク デュオ)インナーテント

コハク デュオ インナーテント1
出典: yozora
コハク デュオ インナーテント2
出典: yozora

別売ですが、kohaku duo(コハク デュオ)にもインナーテントが用意されています。

コハク デュオ インナーテント4
出典: yozora

kohaku duo(コハク デュオ)に最適なサイズで、大人2名がゆったりと横になれるサイズになります。

kohaku duo(コハク デュオ)のサイズ・スペック

コハク デュオ スペック
出典: yozora
コハク デュオ インナーテント スペック
別売 出典: yozora

kohaku duo(コハク デュオ)

スクロールできます
サイズ(最大値)奥行555×幅460×高さ220cm
収納サイズ約幅71×高さ35× 奥行30cm
重量11kg(予定)
材質本体:150Dポリエステルオックス、フッ素加工、UV加工、PU加工(耐水圧1,500mm)
ポール:A6061、φ30×220cm
アップライトポール:A6061、φ22×140cm
フロントフレーム:A6061、φ16mm
リアフレーム:A6061、φ13mm
ペグ:ステンレス、30cm
3mロープ:φ4mmポリプロピレン、リフレクター入り
2mロープ:φ4mmポリプロピレン、リフレクター入り
キャリーバッグ:150Dポリエステルオックス
フレームバッグ:150Dポリエステルオックス
ペグ・ロープバッグ:150Dポリエステルオックス
セット内容本体×1、ポール×1、アップライトポール×2、フロントフレーム×1、
リアフレーム×1、ペグ×16、3mロープ×6、2mロープ×6、
キャリーバッグ×1、フレームバッグ×1、ペグ・ロープバッグ×1

kohaku duo(コハク デュオ)インナーテント

サイズ幅235/210×奥行205×180cm
収納サイズ約幅38×高さ69×厚み12〜13cm
重量2.5kg(予定)
材質本体:ウォール|68Dポリエステルタフタ
ボトム|150Dポリエステルオックス
フッ素加工、PU加工(耐水圧1,500mm)
ペグ:ジュラルミン、17cm
本体バッグ:150Dポリエステルオックス
ペグバッグ:150Dポリエステルオックス
セット内容本体×1、ペグ×2、本体バッグ×1、ペグバッグ×1

kohaku duo(コハク デュオ)の価格

  • (kohaku+inner tent)SET:¥106,700+配送手数料¥1,650(税込)
  • kohaku(本体のみ):¥89,870+配送手数料¥1,100(税込)
  • kohaku inner tent(インナーのみ):¥16,830+配送手数料¥1,100(税込)

kohaku duo(コハク デュオ)発売時期

2024年4月11日(木)AM11:00 販売開始

出荷予定は、現在のところ1〜3営業日。

2024年4月10日現在

kohaku(コハク) あとがき

コハクと湖畔3
出典: yozora

kohaku(コハク)は、ワンポールテントのメリットである設営の手軽さは残しつつ、ワンポールの最大のデメリットである居住空間の狭さを、独自フレームで軽減しています。

キャノピーをしたような構造しているため、雨・風の入り込みを軽減してくれ、プライベートも確保できてフルクローズも可能。

ゼインアーツの小杉敬さんが「ある意味で最終形」と語るだけあって、隙のないテントのように感じました。

新しいテントをお考えの方は、4名くらいのファミリーの方は、kohaku(コハク)を、デュオやゆったりとソロを楽しみたい方はkohaku duo(コハク デュオ)を検討されてみてはいかがでしょうか。

ワンポールテントの関連記事

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ