【2024年】IGT互換テーブル10選 こちら

ブラックのトンネルテント「COMETA」がワンティグリス ブラックタイガーシリーズに登場

本ページはプロモーションが含まれています
COMETA TOP
出典: OneTigris

ブラックなキャンプギアを揃えられている方は必見!

「ネビュラ ソロホームステッド」に続き、OneTigris(ワンティグリス)よりブラックのソロ・デュオ向けトンネルテント「COMETA(コメタ / コメータ)」が登場です。

発売される前ですが、どのようなテントなのか気になる方も多いはず!

そこで、今回はOneTigris(ワンティグリス)のソロ・デュオ向けトンネルテント「COMETA」を紹介します。

タップできるもくじ
PR
PR

OneTigris(ワンティグリス) ブラックタイガーシリーズ

ブラックタイガーシリーズ
出典: OneTigris

OneTigris(ワンティグリス) の「ブラックタイガーシリーズ」は、現在日本で未発売の「COMETA」を含めると以下の3種類のテントを発売。

独自の形状をしたパップテント「NEBULA SOLO HOMESTEAD」、オーソドックスなドームテントの「STELLA」と、ソロ・デュオ向けトンネルテント「COMETA」。

3つのテントは、それぞれ全く異なる形状をしていて、どれも個性的でカッコよく、無骨なテントばかりです。

今回はその中から、個人的に一番気になるソロ・デュオ向けトンネルテント「COMETA」を紹介します。

COMETA の特徴

それでは、ブラックタイガーシリーズ「COMETA (コメタ) 」の主な特徴から見ていきましょう。

  • トンネル形状ながらパップテントのよう
  • 広々としたインナーテント内部と片側サイドからも出入りができる
  • 耐水性に優れた生地を採用
  • 広々とした前室

トンネル形状ながらパップテントのよう

COMETA
出典: OneTigris

構造は2本のフレームで形成されたトンネルテントですが、従来のトンネルテントとは異なり、メインの動線が従来サイドだった部分にあたります。

別売のポールで跳ね上げると、まるでパップテントのような形状になるため、幅の広い前室を確保することができます。

広々としたインナーテント内部と片側サイドからも出入りができる

COMETA 特徴
出典: OneTigris

インナーテント内部が広々としており、奥行きが142cmあるため大人2名がゆったりと過ごすことができます。

またメインの動線からだけでなく、片側サイド(正面向かって右側のみ)からインナーテント内にも入ることができ、夏の暑い時期などはこちらを空けることで、風が通りやすくなります。

耐水性に優れた生地を採用

COMETA 特徴2
出典: OneTigris

40Dナイロン生地を採用し、シングルレイヤーのシリコンコーティング加工を施しているため、最大3000mmの耐水圧を誇ります。

広々とした前室

COMETA 特徴3
出典: OneTigris

寒い時期や天候の悪い際など、フルクローズしても50cm程度は前室があるため、靴や荷物を置くスペースを確保できます。

また別売のポールで、フロントパネルを跳ね上げてキャノピーすれば、広々とした前室を作ることができます。

COMETA の仕様や価格

次に、COMETAの仕様や価格を紹介します。

仕様

COMETA 仕様
出典: OneTigris
サイズ420×215×H130cm
インナーサイズサイズの記載なし
収納サイズ50×20×20cm
重量約4kg
耐水圧3000mm
材質フライ:40dナイロン
インナーテント:40dナイロン
テントポール:アルミニウム合金
セット内容テント本体 (インナー含む)×1
テントポール×1 セット
8.2ft/2.5m ガイライン×6
テントペグ×14
スタッフサック×1

価格

¥26,500(税込)

2023年4月16日現在

COMETAは今後ソロキャンプで流行りそう

オキトマ2やフォンフィエル プロ 2など似た形状はあるものの、まだ数は少なく、価格もOneTigris(ワンティグリス)なので手頃な価格帯になると思われるため、今後ソロキャンプで流行りそうな感じがします。

個人的には、動線が前後左右4ヶ所からできれば、さらにいいものになりそうな感じがしました。

ソロ・デュオ用のテントをお探しの方は、候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい関連記事

  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ